世界福音同盟(WEA)は世界中の地域教会とともにそれぞれのコミュニティにイエスキリストの福音を伝え、福音生活を送るための活動を行っているグローバルなミニストリーです。WEAは世界128か国の教会とネットワークがあり、それぞれの国で福音同盟を形成しております。また100団体以上の国際組織とともに世界的なアイデンティティを伝え、世界6億人以上の福音主義クリスチャンたちの声を代表し、プラットフォームとして機能しています。聖なること、正義と革新が社会のすべてのレベル―個人・家庭・コミュニティおよび文化で生じ、神の栄光が輝き、地球上の各国が永遠に転換される道を模索し続けています。

1846年に10か国からクリスチャンが英国ロンドンに集い、「教会史において新しいもの、異なる教会に所属するそれぞれのクリスチャンの間での一致を表現するための決定的な組織」を作ることが話し合われました。これが1951年に果たされたビジョンである世界21か国のクリスチャンからなる世界福音フェローシップ(WEF)の根となりました。ロンドンでの集まりから150年以上経過した今日では、WEAは世界128か国、6億人の福音主義クリスチャンたちをひとつにして行動を起こす、ダイナミックなグローバル構造をもつ組織として発展しました。WEAは福音主義の伝統に基づく歴史的なクリスチャンの信仰を土台とした一致を目的としています。また将来にわたって神様の目的である全ての国でイエスキリストの弟子をつくるということを成し遂げるビジョンをもっています。

今日では、WEAは各国同盟を通した地域教会との結びつき強化の道を模索し、草の根活動を行うリーダーシップを支え、また調整を行い、キリストのからだとしての一致を示す実践的な道を模索しています。

WEAの規約のコピーをご希望の方は、メールにてご連絡ください。メールアドレスは、お問い合わせを参照。

» 福音主義について